アクセスマップ / 周辺施設

アクセスマップ

アベニュー高輪
東京都港区高輪3丁目25番27

電車でお越しの場合

新幹線「品川駅」下車、北口または南口改札から高輪口を出て徒歩3分
JR線「品川駅」下車、中央改札から高輪口を出て徒歩3分
京急線「品川駅」下車、高輪口改札から徒歩3分

飛行機でお越しの場合

羽田空港より、京急線急行で約20分
京急線「品川駅」下車、高輪口改札から徒歩3分

品川駅高輪口から

国道15号を泉岳寺・田町方面へ歩いて頂くと、途中に吉野家とセブンイレブンがありますので、そのまま直進し、品川駅前郵便局が入っているビル内に当施設がございます。(正面がLEXUS高輪になります。)

アベニュー高輪外観写真

ページTOPへ

周辺施設

アベニュー高輪からアクセスしやすい周辺の施設をご紹介いたします。

泉岳寺写真

1. 泉岳寺

総泉寺・青松寺とともに江戸三箇寺の1つに数えられています。
慶長17年(1612)に徳川家康が外桜田に創立した寺院です。しかし寛永18年(1641)に寛永の大火により焼失し、徳川家光の命により高輪の地に再建されて現在にいたります。
赤穂藩藩主の浅野長矩が高家肝煎である吉良義央を切り付け、浅野長矩は殿中抜刀の罪で切腹となり、これを不服とする大石良雄(内蔵助)以下、赤穂四十七士47名が討ち入りし、墓前に吉良義央の首級を備え仇討ちを報告したとされている元禄赤穂事件(忠臣蔵)の浅野長矩と赤穂浪士が葬られている事で知られ、現在も多くの参拝客が訪れます。

東禅寺写真

2. 東禅寺

寛永13年(1636)より現在地に創建されております。
安政6年(1859)に日本初のイギリス公使宿館となり、初代公使はラザフォード・オールコックが駐在しました。万延元年(1860)3月に井伊直弼が暗殺される「桜田門外の変」があり攘夷の思想が横行し外国人への襲撃焼き討ちなどが相次ぎ攘夷派浪士の襲撃による刀の傷や鉄砲の跡が当時のままの姿を残しています。2010年2月、境内が国の史跡に指定されました。

大木戸跡地写真

3. 大木戸跡地

宝永7年(1710)に江戸の治安の維持と交通規制を目的としてこの地に木戸を設けました。伊能忠敬が日本地図を作る際に「高輪大木戸」を起点として測量を始めたと言われています。甲州街道の四谷大木戸、中山道の板橋大木戸などありますが江戸に入る大木戸で現存するのはここ高輪だけといわれています。

4. せんぽ東京高輪病院

5. 高輪台小学校

6. 高輪消防署二本榎出張所

7. 高輪警察署

8. アトレ品川

9. ウイング高輪EAST・WEST

10. みずほ銀行品川プリンスホテル出張所ATM

11. 三菱東京UFJ銀行品川駅前支店

12. 三菱東京UFJ銀行品川駅高輪口ATM

13. 三井住友銀行品川駅前出張所

★高輪散歩

ページTOPへ